イタリアを楽しもう!

第10回 ナポリピッツァ職人世界選手権(1)

いよいよ選手権当日です。

まずは恒例の「頑張るぞ!」という意気込みの写真から。
c0077533_1915999.jpg


準備が整った(ようやく?笑)会場を下見に。
日本の国旗が会場のど真ん中にぶら下がっています。笑
その経緯はこちら 笑)
c0077533_19282842.jpg


前年優勝者の牧島さんは今年は審査員を務めるため、選手権
には参加しません。
また、窯の側にいて皆さんをフォローすることもできません。

牧島さんは、
今回は日本チームを引率、生地作り等を丁寧に講習し、
自分の知識を惜しみなく伝授し、チームを盛り上げ、沢山の
新しい経験や出会いを皆さんにも与えようと一生懸命です。
さらに、前年優勝者、大使、日本のために募金活動など沢山の
大役をこなしていました。
また
ナポリだけでなく世界中から注目され常に引っ張りだこで
大忙し!

そんなわけで、私の役割はというと牧島さんの手が回らない
部分のフォローや、皆さんの目に触れないところでのアシスト
です。
これらは通訳という仕事ではなく、事がスムーズにいくように
前もってお膳立てしておくような下準備なども必要になって
きます。

実はフェスタと選手権が始まる前から、皆さんが集中して
選手権で力を思う存分出し切ってもらえるようにいろいろ
動いて頑張ってきたのですが

ところが、こちらはナポリ、そうは簡単に行きません。

選手権参加者名簿を先に送っておいても、結局当日長蛇の列
に並んでエントリーをしなくてはいけないとか、エントリー順に
呼ばれないため、参加者の皆さんはテンションを上げた状態で
待機していないといけないとか、沢山のイレギュラーなことが
あります。

それでも今回は、先を先を見て動いてエントリー係や主催者側
や進行役やスタッフに必死で働きかけての結果です。
もし何もしていなかったらどうなっていたのかと思うと・・・
恐ろしい・・(笑)
さらに今後の課題ができたような気がします。

また、通訳としては皆さんの熱い想いを伝えるためにも奮闘
してきました。
参加者の皆さんの中には、ピッツァに託したメッセージを前
もって伝えてくださる方もいらっしゃったので、その想いは
確実にお届けしたいと思っていましたし、前もって聞いてい
なくても、審査員の前でアピールする際には熱い気持を全て
伝えられるように務めたつもりです。

さて!!!

大会の模様を順番にお伝えしていきますよ~!

当日も生地作りを丁寧に説明する牧島さん。
真剣に見入るみなさん。
c0077533_19295855.jpg

c0077533_19302367.jpg


私はその間に参加者のエントリーに行ってきました。
(実はエントリーの順番にも気を配ったつもりです。
初めて参加の方が一番だと緊張しますよね!?)

ところが蓋を開けてみると、カテゴリー(STG、クラッシ
ック、クリエイティブ)がごちゃ混ぜに呼ばれ始めて・・・
常にいつ呼ばれても全力を出し切れるようにしておくことが
必要というプロに求められるハードルの高さでした。

今年2回目出場、徳島県「アマルフィー」の山口さん
c0077533_19362669.jpg


チーム全員が応援します!
c0077533_19371035.jpg

c0077533_1940571.jpg


審査員の前へ
c0077533_19412132.jpg


次は、これからピッツァの道へまっしぐら!林さん
c0077533_19452719.jpg

審査員の前でアピール!
c0077533_19461882.jpg


まだまだ続きますが長くなりますので、
とりあえず一旦ここで。
(全員の様子をお伝えしたいと思っています) 
続編お楽しみに~。

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2011-05-31 10:34 | ピッツァ関係&大会等 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/16423467
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ナポリピッツァ選手権(2) no.6(2) 第2回ナポリピ... >>