ビニール製レジ袋全面禁止 続き

2011年1月1日から新しく施行されたレジ袋全面禁止に
ついて。

その後、情報収集したところ・・・

このビニール製レジ袋とは環境破壊の一因となるポリエチレ
ン製の袋を指しています。
それに代わってbiodegradabileつまり生分解性の素材で作ら
れた袋(つまり自然分解可能な素材)が使われるようになった
とのことです。

ポリエチレン製の袋の製造は中止され、レジ袋は在庫がある分
は無料で配布され(一応在庫処分期間が決まっているそうです)
生分解性の袋は有料で販売するとのことです。

ただいくつか問題があって、

生分解性の袋は
1. コストが高い
2. 強度に問題がある
(買い物をしてレジで詰めている段階で既に破れたり、重さ
に耐えられず切れたりすることもあります)
3.再利用が難しい
(次の買い物の際やゴミ袋として使用しようと思ってもすぐに
破れるため再利用することが難しい)
4.正しい素材を使用していない偽物流通の可能性
他に
5.新しく制定された決まりが明確でない
6.違反についての罰則が統一されていない
(罰金の金額は州や自治体ごとに決めるそうです
でた!これがさらに混乱の元に・・)
7.大型・小型店舗、消費者への情報提供不足
(相変わらず・・・)

という現状のようです。

コストが高く、強度が弱い生分解性の袋は、これらの弱点に
より、イタリアでもついにマイバックが普及し始めるかも?

c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/15910113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぷー at 2011-02-15 01:33 x
ああ、多分この生分解性の袋ですよ、私がよく行くスーパーの新しい袋。
って、エッセルンガなんですけど。

新しい規定が明確でないっていうのが、まあ、イタリアらしい…。
ホントにヤル気あるのでしょうか?
キッチリするのがよほど苦になる国民性なのでしょうかねえ。
は〜、ヘンな人たち。
Commented by ciaomami at 2011-02-17 00:18 x
どんな袋なのか、とっても関心があります。
来月訪伊するのですが・・・在庫のレジ袋でしょうね~きっと。。。
でもタダでもらえるのなら、ちょっとラッキーですねっ!^^
Commented by infoitalia at 2011-02-17 16:28
ぷーさん。新しい規定が明確ではないのは、ほんと・・・イタリアらしいですよね。やる気?どうなんでしょう。苦笑
何事においても、常に逃げ道(言い訳)を作っているという気がしてなりません。はぁ~。。
Commented by infoitalia at 2011-02-17 16:34
ciaomamiさん。今迄のビニール袋は、薄くて破れやすい(生分解性の)袋に切り替えられて、今後も有料で使われていくようです。
在庫処分しなくてはいけないポリエチレンのビニール袋は「無料で」と
なっているようですが、徹底されているか不明です。笑
来月イタリアにいらっしゃるのですね!楽しいレポート待ってます。
by infoitalia | 2011-02-13 01:23 | Varie(いろいろ) | Trackback | Comments(4)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia