イタリア産エキストラ・バージン・オリーブオイル

またまた更新が滞ってしまいました。

イタリア各地で雪が降ったり雨が降ったりと悪天候が続いて
いるため色々なところに影響がでているとのこと。

身近なところではオリーブの収穫時期に雨が降り続いたため
収穫日を決めることができなくて大変だったようです。

オリーブといえばイタリア料理に欠かせないオリーブオイル!
オリーブオイルもワインと同じように品種によって特徴が違い
ます。また、その特徴を活かして幾つかの品種をブレンドした
り、またオリーブ品種の特徴を活かして単一の品種で作られ
たものもあります。

例えば!
リグーリア州産のオリーブオイルの色調は淡い黄緑。香りも優しく、
マイルドで苦味や辛みが少なめ。
そのため海の近いリグーリア州で食される魚介料理と合います。
主な品種は、タジャスカ種。

そして!
イタリアでも生産量が一番多いプーリア州産のオリーブオイルの
色調は淡い黄緑。アーモンド香で比較的マイルドなテイスト。
主な品種は、コラティーナ種


カラブリア州産などのイタリア南部のオリーブオイル
は、ピリッと辛味があり、スパイス香があります。
主な品種は、オリアローラ種、コラティーナ種、カロレア種。

シチリア州産のオリーブ品種の1つ、ノッチェラーラ・デル・
ベーリチェ種。
適度な苦味と辛みがあり、青くフレッシュな香り。

トスカーナ州産のオリーブオイルは高品質であることで知られ
ています。
オリーブオイルの色調は緑黄色で、風味はオリーブの実を連想
させるフレッシュさと、ピリッとした強い辛みがあります。
主な品種は、フラントイオ種、レッチーノ種、モライオーロ種。
お肉料理(ビステッカ)などにぴったり。

もちろんお料理に合わせて使い分けれれば楽しいのですが、
好みの味が見つかると楽しいと思います。
私は個人的に、色が鮮やかな緑色でトマトの葉っぱのような
フレッシュな香り、喉にピリッとくる辛み・苦味を持っているのが
好きです!


c0077533_14315657.jpg
← ビジネス・個人旅行のイタリア語通訳・アテンド。
こちらからサイトをご覧ください。



2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/15572792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぷー at 2010-12-07 08:45 x
こんにちは〜♪
お忙しそうですね。
オリーブ、大好きです。ご飯を作りながらついつい食べてしまいます。
そして、オリーブオイル。
美味しいのを掛けると、それだけでタダの一切れのパンが、メッチャクチャ美味しくなったり、仄かにソースに深みが増したりして、溜まりませんね。一応私も好みのオイルがあるんですけど、いつも商標を見て買っているので(それを視覚で捉えているだけ)、名前は覚えてないんですよね〜。タハハ。
Commented by infoitalia at 2010-12-07 09:00
ぷーさん。こんにちは!
オリーブ美味しいから危険ですよねっ、私もついパクパク食べてしまいます。
オリーブオイルは「オリーブの果実を絞ったジュース」といわれるのも納得・・ちょっとお勉強してからは、家にある調理用に使っていたオリーブオイルがとんでもなく劣化していることに気がついてびっくりしました。苦笑 ^^
Commented by ciaomami at 2010-12-07 11:10 x
オリーブオイルに辛味と苦味???感じた事がないので試してみたいです
自分の好みの味を見つけたいけれどワイン同様難しいですね~その日の体調とか合わせる料理とかにもよって変わるし・・・おまけにココを美味しいとする!っていう基準の味を忘れてしまう舌と脳です(汗)サシミとかなら基準の味を忘れないのですが、訓練なんですかね(^^?
Commented by sfarina at 2010-12-07 15:46
シンプルに先ずはここから特徴を覚えると分かりやすいですね。
最近日本でもオリーブオイルはかなり取り上げられているから
興味深いです。
私もやっぱり個人的に良いなぁと思うのは緑でピリッと来るヤツですが
用途や価格によって、色々使い分けたいと思いますね^^
Commented by marcheselli at 2010-12-07 19:19
オリーブオイルをお料理に合せるのも楽しいですね。家ではトスカーナ、リグーリア、そしてガルダ湖のオリーブオイルを食事に合せて使い分けています。いろいろなオイルを比べてみると、面白いですね~。
Commented by がっちゃん at 2010-12-09 18:35 x
ご無沙汰しております。
クリスマスらしいテンプレートですね。
秋は百貨店のイタリアンフェアが相次いだんですが、その中でオリーブオイルセミナーを8回も聞いたので、結構勉強になりました。
日本でもヌオーヴォのオリーブオイルを空輸したりしてすごいことになってますよ。
でも、いくら手摘みだとか、希少品種だとか言われても、なかなか3000円以上するようなオリーブオイルには手がでません。
Commented by infoitalia at 2010-12-10 12:21
ciaomamiさん。ぜひ試してみてください!口に含んでズルズルと音を立てつつ口全体にオイルをいきわたらせて試飲してみてください(人前では恥ずかしいけど 笑) 
サシミの味の規準ですか?!私には難しそうですっ。^^
オリーブオイルも実はいろんな種類があると知った時は驚きました。笑
Commented by infoitalia at 2010-12-10 12:23
sfarinaさんも、ピリッとくるのがタイプですか?! 
用途や価格で使い分けれたらいいですよね~。でもいいオリーブオイルは結構なお値段なのでなかなか難しいとは思いますが・・・(イタリアでもそうそう沢山のオイルを使い分けるのは難しいですもん 笑)。
Commented by infoitalia at 2010-12-10 12:26
marcheselliさん、さすがですね~。オリーブオイルも食事に合わせて使い分けですねっ!! いくら好みの味のオリーブオイルだからって、お料理の味を台無しにしたら勿体無いですもんね。
Commented by infoitalia at 2010-12-10 12:32
がっちゃんさん。
おおおおぉ~!!!がっちゃんさん!お久しぶりです。
周辺はクリスマスっぽくなってきてますが自分自身はクリスマス気分が盛り上がってるわけではないんです・・でもテンプレートくらいはちょっと楽しい感じに!と思って。
イタリアンフェアお疲れ様でした。セミナーを8回も聞くことができるなんて素敵です!(一度聞いただけでは忘れちゃいますから)
日本でもオリーブオイルの認知度が上がってきているのは嬉しいことですが、定着するといいな~と思います。
確かに3000円以上すると簡単に手は出ませんよね・・・。
Commented at 2010-12-12 02:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by infoitalia at 2010-12-12 09:52
鍵コメ2010-12-12 02:25さん。コメントありがとうございます!
そちらにメール送りますね。アドレス変わってないよね??
変わってたら新しいの教えてね。
by infoitalia | 2010-12-07 01:09 | cibo(食べ物関係) | Trackback | Comments(12)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia