イタリアを楽しもう!

メーカー訪問第40回 機械でのブドウの収穫

今までブドウの収穫は手摘みに限ると思っていましたが、
もし手で収穫していても房を選別しないで、状態が良い物も
悪い物も気にせず全て収穫していては意味がありません。
良い物だけ選別しながら手摘みで収穫する必要があります。

今回はじめて機械での収穫を間近に体験してきました。
機械での収穫というとどうしても木や房を痛めてしまうような
荒々しいイメージがあったのですが、最近の技術はどんどん
発達していて、ノートパソコンや携帯のように「最新」と思っ
ていても直ぐにさらに「最新」の機械が生産されるとのこと。

機械での収穫は、十分に手入れされた畑のブドウであれば
さほど品質は落ちないようです、反対に手入れがされて
いない畑の場合は腐敗したブドウも収穫されてしまうので、
必然的に品質が悪いワインができてしまいます。
最近の機械は葉や茎がなるべく混入しないように作られて
いるとのことでした。
実際に見て確認することができました。

この巨大な収穫機の上に乗せてもらいました。
運転席ではなくて、写真(↓)のinfoitaliaと書いてある
「a」の辺り(つまり真ん中)に、立ったせてもらって収穫の
様子を上から見ました。
c0077533_0451052.jpg


この収穫機はブドウの木をまたぐような形で進んでいきます。
c0077533_951116.jpg

またいだ木を適度な強度でゆさゆさと揺すりブドウの粒だけを
落とします。まるでダイエット(?)マシーンのような動きでした。
粒や葉っぱは直ぐに上に吸引されますが、その際に葉っぱ等
と粒は仕分けされます。

吸引されたブドウの粒が足元を通っていきます(↓)。
粒は大きな網目状の部分を通り収納部分に入っていきます。
そこが一杯になったらすぐにトラックに移してカンティーナへ
運び込みます。
c0077533_8533851.jpg


とても珍しい経験をすることができました。

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-10-19 09:21 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/15314361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marcheselli at 2010-10-20 17:11
貴重な体験ですね。生産者の方との信頼関係がないとなかなかこういうことはできないと思います。葡萄をよく知っていれば、機械を利用するというのも、マイナスではないのですね。 
Commented by 荒川リリー at 2010-10-22 11:09 x
その、最新のマシーンに乗っているinfoさんの勇姿、拝見したかったです!!
Commented by infoitalia at 2010-10-24 00:48
marcheselliさん。本当に貴重な経験でした。私も機械での収穫はネガティブなことだと思っていたのですが、条件が合えば機械でも(もちろん機械の種類にもよります)マイナスではないとのことでした。
Commented by infoitalia at 2010-10-24 00:53
リリーさん。畑はまっすぐではないので左右に揺れたり前のめりになったりするので大変でした。ブドウと一緒に収納部分に落ちないように必死でした。笑 (収納部分に落ちる前に選別されてはじかれると思いますけど・・・笑) 
Commented by ドン・シモーネです!! at 2010-10-26 15:00 x
“燃えろ オトコの 赤いトラクター♪♪”を
思い出したのですが・・
どうですか!?
イタリアの企業でこういう“作業車”が
開発されているのですか!?
それとも・・他国!?
Commented by infoitalia at 2010-10-26 17:58
シモーネさん。そのCMの歌が頭の中で流れはじめました~♪♪
ところでこれらが開発されている国は主にフランス、イタリアです。
<< 食のイベント盛りだくさん、ピエ... エンツォ・コッチャの新店舗「P... >>