ジェノヴァのウォーターフロント

ジェノバといえば母をたずねて三千里と書きましたが、
もちろんそれだけではありません。

歴史ある港町で商業、金融業、軍港の海洋国家
として栄えました。

また、忘れていけないのはアメリカ大陸を発見した
コロンブスの出身地でもあります!

1992年には国際博覧会が開催され、その年はコロンブス
のアメリカ大陸発見500周年でした。
この国際博覧会の際に、ジェノヴァのポルト・アンティコと
呼ばれる、古い港の一帯はジェノヴァ出身の建築家レンツォ・
ピアノ氏のプロジェクトによって見違えるような空間に生まれ
変わりました。
レンツォ・ピアノ氏は関西国際空港の設計もされた方です。

このプロジェクトにはジェノヴァの活性化の目的もありました。
まずは町と港を阻んでいた交通量の多い道路を高架にし、
旧市街と港が密接な関係になるようにしたそうです。
この説明を聞いて、旧市街から抜け出してぱっと開ける
明るい港にでると、どうしても目に付くこの高架幹線道路
の意味がわかりました。高架にすることによって確かに
港と旧市街の一体化に成功しています。
c0077533_21513725.jpg


さらに、ヨーロッパ一の規模を誇る水族館、展示場(つい先日
までヨット・クルーザーの展示会が開催されていました)、
ヨットハーバー、バールやレストラン、映画館、海の博物館。

そして吊り下げ式で、40mの高さまでのぼり、ジェノヴァの
旧市街や港の全景を見渡すことができるパノラマ・リフト
「BIGO」(ビーゴ)などがあります、BIGOとはジェノヴァの
方言で貨物船のクレーンのことで、海から突き出したBIGO
はポルト・アンティコのシンボルになっていると共に、実際に
パノラマ・リフトを引き上げる役目をしています。
c0077533_2334421.jpg

c0077533_2385638.jpg


水族館
c0077533_21395015.jpg

Acquario Villaggeと呼ばれるこの周辺の地図
c0077533_21384165.jpg

クルーザーやヨットに混ざって、今は使われていない
昔の船も停泊しています。
c0077533_21401366.jpg


話は変わりますが、旧市街にあるPIETRO ROMANENGO
にも行って来ました。創業1814年のそのままの佇まいが
みられるとてもエレガントなお店。フルーツの砂糖漬けや、
砂糖菓子などの老舗です。
スミレの花の砂糖漬けなど貰ったら嬉しい~!
とってもお洒落でした。
c0077533_23143482.jpg


2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/15279692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sfarina at 2010-10-13 19:14
私もスミレの砂糖漬けもらった嬉しい~、というか
ピエトロ・ロマネンゴのものなら何でもいいわ♪
美味しいですよねぇ。今年も ○勢丹のイタリア展に
出展してましたよ。
ヨーロッパ一の水族館かぁ、見てみたいもんですね!
Commented at 2010-10-13 21:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ciaomami at 2010-10-13 22:09 x
PIETRO ROMANENGOって有名なお店なんですね↑
ジェノヴァに行く時まで覚えていられるかしら・・・
これから訪伊の際はこのブログで復習してから出かける事にします!
Commented by infoitalia at 2010-10-14 00:38
sfarinaさん。やっぱり嬉しいですよね~、うんうんここのものなら何でも嬉しい!^^
イタリアではあまりみかけないテーマパークのような雰囲気と思いませんか?
Commented by infoitalia at 2010-10-14 00:40
鍵コメat 2010-10-13 21:47 さま!コメントありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いしますっ。
ジェノヴァ、旧と新が混在していて面白いです。
Commented by infoitalia at 2010-10-14 00:43
ciaomamiさん。そうなんですよ~、sfarinaさんのコメント(↑)にもありますが、日本でのイタリア展にも出展するくらいです。
>これから訪伊の際はこのブログで復習してから出かける事にし>ます!
まぁ(嬉)!そう言っていただけると嬉しいです、何か参考になるようなことが書けるように頑張ります~!
Commented by tomocone at 2010-10-14 04:55 x
私もジェノヴァで普通に昼間に旧市街を歩いていると、いつのまにかたくさんの娼婦さんがいる通りに迷い込んでびっくりしたことがあります。新しいものも、古いものも、異国情緒もあっておもしろい街ですよね。私もスミレの砂糖漬け、もらったら嬉しいな~♪
Commented by 荒川リリー at 2010-10-14 05:26 x
ボナセーラ!!PIETRO ROMANENGOの外観、重厚で、凄く趣がありますね!!美味しいお菓子がいっぱいありそうです!!
パノラマリフトビーゴ!!ロボットみたいに面白い形してますね!!目立つでしょう!!ジェノバのような港町、大好きです!!
Commented by gellius at 2010-10-15 05:56 x
あ、あたすがイタリアで一番怖い思いをしたジェノバだ(笑)
でも、こうやって写真見てると全然そんな感じしないから、あたすが本当にドンピシャで治安悪いところに行っちゃったんだろうなぁ~。

そういえば、セルビアの暴動があったサッカーの試合ってジェノバだったよね?
Commented by jose at 2010-10-15 13:27 x
ちなみにヨーロッパ一貧相な水族館はシラクーサのアレトゥーザの泉に有ります(笑)。
Commented by infoitalia at 2010-10-15 15:56
tomoconeさん。知らないうちにそういった界隈に迷い込んでしまいますよね、道が狭いだけに独特な雰囲気があると思います。
スミレの砂糖漬け、結構お高いので・・貰ったら嬉しい!というところがポイント。笑^^
Commented by infoitalia at 2010-10-15 15:57
リリーさん。海の側だけテーマパークのような感じです。ビーゴ、なんか愛嬌がある形ですよね!
Commented by infoitalia at 2010-10-15 16:03
gelliusさん!ジェノヴァで引ったくりとかにあったの?(ぶるぶる・・・そうじゃないことを祈ります・・)雰囲気がやば~くて、うっかり迷い込んでしまって内心ハラハラする界隈ってあるよね。

そうそう、セルビアの暴動はジェノヴァでした!テレビに釘付けで見てました。まったくどうなってるんだ!(怒)
Commented by infoitalia at 2010-10-15 16:05
joseさん。ええええ~!!?? あのアレトゥーザの泉に水族館が?!気がつかなかった・・・。それほど貧相?苦笑
by infoitalia | 2010-10-12 23:19 | Liguria(リグーリア) | Trackback | Comments(14)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia