イタリアを楽しもう!

母をたずねて三千里! ジェノヴァ

ジェノヴァといえば、皆さんご存知(?)のアニメ
「母をたずねて三千里」の舞台となった町。
原作は、リグーリア州のインペリア県出身の
エドモンド・デ・アミーチスの「Cuore(クオレ)」の中に
ある「Dagli Appennini alle Ande(アペニン山脈
からアンデス山脈まで)」という挿話です。
主題歌(突然歌が始まるのでご注意!)

家族とジェノバに住むマルコ少年。アルゼンチンへ出稼ぎ
に行ったまま連絡の途絶えたお母さんを探して、わずかな
手掛かりをたよりにたった1人で旅立ちます。

旧市街、ひしめき合う建物、細い路地、坂道や階段の
街並み、港の側のポルティコ(アーケード)、港町の活気
や雑踏、高台からの景色が忠実に描かれていたように
思います。
こんな風景、今でもイタリアで見れますよっ!
c0077533_4284065.jpg

c0077533_4513463.jpgc0077533_452044.jpg

c0077533_553843.jpg

c0077533_4525498.jpg

町を歩いていると、マルコ少年や白いお猿のアメディオが
路地から飛び出してきそう、なんて 想像するだけで楽しく
なります。
ぜひ改めてアニメを見てみたいと思っています。

旧市街は、異国の雰囲気が漂い、というよりイタリア人の
姿は見えず、お店も北アフリカ、スリランカ、中国、中南米系
等が並んでいる、細い入り組んだ通りも沢山ありました。
香辛料や、飲食店も独特の香りが。。
さらに細い細い建物に挟まれたちょっぴり暗がりの通りには
昔と変わらず昼間から売春婦の姿も。。
ということで、夜中には一人歩きは危険な雰囲気がただよっ
ています。しか~し!町歩き、探索大好きな私・・・
今回お仕事の依頼をいただいたT様に、なんと用心棒に
なっていただいたおかげで、1人では入り込めないような
路地裏など隅から隅まで歩きまわってきました!
(ありがとうございました!)

ごちゃごちゃした旧市街だけでなくこんな立派な広場も
あります。デ・フェッラーリ広場。
ここを境に、新市街と旧市街がわかれています。
c0077533_5193833.jpg

イタリアにしては珍しくネオンがチカチカのポルティコ
(アーケード)。9月20日通り
c0077533_5195827.jpg

この通りの向かい側のポルティコはこんな風に
なっています。新旧が混ざり合った建築。
c0077533_5201570.jpg

市内は急な上り坂が多いので、階段や坂道だけでなく
幾つかエレベータ、ケーブルカーがあります。
高台まで歩いてのぼり、この階段で下まで降りました。
c0077533_5291339.jpg


次でジェノバ編終了予定です。続きます~。

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-10-10 05:32 | Liguria(リグーリア) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/15263962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 荒川リリー at 2010-10-10 18:36 x
母を訪ねて三千里が、ジェノバが舞台だったなんて!!凄い情報をありがとうございます!!小さい頃とても好きでした!!そうですね!!改めて観たくなりました!!ジェノバ!!行ってみたいです!!
Commented by ドン・シモーネです!! at 2010-10-11 23:35 x
そうでした!!
盲点・・そしてジェラシー(流石です!!)
ドン・シモーネの食卓・・
何故このネタで今まで
勝負しなかったのか・・
それは・・
この事実を
全く知らなかったからなのです・・
“パシュクアーレ”もまどかちゃんも
みんな待ってますよ!!
Commented by infoitalia at 2010-10-12 06:53
荒川リリーさん。そうなんですよ~。主題歌を聞いてからずっと頭の中にグルグルと歌がまわってます。苦笑
ジェノヴァ面白い町です。
Commented by infoitalia at 2010-10-12 06:58
ドン・シモーネさん。盲点でしたね~笑^^
ところで、世界名作劇場見てました?どんな作品があったのか改めて見ましたが、知らない作品も沢山あります!
みんな元気ですか~!?

Commented by t-tachikichi at 2010-10-12 17:03
私も頭の中に「マ~ルコ~♪」の歌が浮かびました。
懐かしいですね。母を訪ねて三千里。肩に乗ったお猿さんが
羨ましかったです。アメディオという名前だったんですね。

地図を持っていても、迷いそうですがお散歩と探検
そぞろ歩きにはとってもふさわしい場所ですね。
建物を見ているだけでも楽しそう・・・
でも夜は危険ですね。アーケードも天井高くてうらやましいです。

↓そうそう、亜紀は変換間違えでした^^;(恥)
Commented by infoitalia at 2010-10-12 23:57 x
t-tachikichiさん。母をたずねて三千里。懐かしいですよね~。
地図を見ながらより感覚で歩いたほうが楽しいかもしれません。ヴェネツィアではそうやって感覚で歩いていてとんでもない方向に出てしまったことがありますが。笑
探索大好きですが、面白半分で歩いていいところと良くないところをわきまえて探索するべきだと一応思ってます
<< ジェノヴァのウォーターフロント 久しぶりのGenova(ジェノヴァ) >>