メーカー訪問第39回シチリアでブドウの収穫

シチリアにてブドウの収穫。
c0077533_7364096.jpg

こちらの畑では8月の半ばから収穫に入りました。
暑いので収穫の時間は朝の6時から14時迄。
ブドウの収穫は特に白ブドウの場合は朝の涼しい時間に
行います。そうすることで酸味とミネラル、フレッシュな
ブドウのアロマを逃がさないからです。

今回訪れた畑ではネーロダヴォラ(←ブドウ品種)の収穫の
真っ最中でした。
機械は使わず手摘みで、一房一房 丁寧に手に取り
ハサミで切っていきます。
c0077533_7372219.jpg

実は私も今回収穫作業に参加してきたのですが、これが
なかなかの重労働。。

シチリアではブドウの収穫という仕事は男性のする仕事
のようで、作業しているのはみんな男性。私もちゃらちゃらと
遊んでいてはいけないと思い、みんなに混じって真剣に作業
してきましたよ。

何でも収穫していいわけではなく、成熟している状態の良い
ブドウを選び、さらに、葉っぱの影に隠れているブドウの房を
見落とさないように探しつつ腰を屈めた姿勢での作業です。
c0077533_7375468.jpg


背が高い人はなおさら腰を屈めた状態は大変なので、時々
こんなスクワット体操のような姿勢になっちゃいます。笑 ↓
c0077533_7405452.jpg

私も時々スクワットをしているような姿勢になっている自分
に気がついて笑っちゃいました。

すっかり動物に食べられた房もありました。美味しいブドウは
やっぱり分かるのでしょうね。

この畑は、暑いけれど常に風が吹いているという立地のため
救われましたが、でも暑い・・。水分補給は必要です。
部活や作業現場に必須の、蛇口が付いた保冷用給水容器。
そういえば、なんて名前なんだろう?と気になったので検索し
てみたら「ウォータージャグ!」(こんな名前で呼ばれていた
とは!知りませんでした・・恥)
畑にボンっとおいて、みんな喉が渇いたら高々と持ち上げて
そのままコップを使わずに水を飲んでました。私もみんなに
ならって同じように・・。苦笑 ^^

この「風」は作業をする人間にだけでなく、ブドウにとっても
重要な要素です。風のおかげでカビが生えにくく、病気に
感染しにくくなるという効果もあります。

手摘みしたブドウはこうして担いで運んできます。
c0077533_7501187.jpg


このように大切に育てられて収穫されるブドウ達。
美味しいワインになることが期待されます。

ところで収穫時期に雨が降ると1年の仕事が全て台無しになっ
てしまいます。天気予報と、ブドウの酸と糖度状態を毎日
チェックしながら慎重に決めなくてはいけません。
今回収穫がほぼ終了した頃から天気が崩れ始め(予想通り
でした!)、その後ずっと雨が降り続いたそうです。
というわけで今年の収穫は雨の被害を受けずに無事に終了
できました。

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/15119503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by marcheselli at 2010-09-14 23:18
お疲れ様でした。ブドウ摘み、8月の暑い時に、大変でしたね。でもこういう経験をしてこそ、ワインとなった葡萄を本当の意味で感謝しながらいただけるんですね。
Commented by ドン・シモーネです!! at 2010-09-15 00:36 x
全てのリポートが シモーネにはうらやましく思うことばかりです!!
とりあえず 暗記して 後輩には“知ったか”して過ごそうと
思います・・
カルロス・ゴーンの経営理論ににているんですよ!!この見解・・(謎)
Commented by oltranaturale at 2010-09-15 01:12
アナログと経験の賜物ですね。
でも、現地の方々にとっては代々伝わる当たり前の作業なんでしょうね。
日本のコトバで表現できるとしたら“手間”“手塩”ってとこでしょうか。
シンプルな生活が羨ましい…
自然を身近に過ごしたいです、はい。
Commented by 荒川リリー at 2010-09-15 02:34 x
ボンジョ~ルノ~!!これは、相当な重労働ですね!!スクワット体勢、とてもつらいですよね!!今日は、私は日本人移民のブラジルでのコーヒー農園で働く姿をずっと調べておりまして、Infoさんのお写真とても美しく、絵がにておりまして、ポーズ参考にさせていただきます!!
Commented by ぷー at 2010-09-15 05:10 x
きれいですね、ブドウの粒。
収穫期の「雨」は駄目なんですか。知らなかった…。
自然と接する仕事は、同時に自然との闘いですねえ。
こういうレポートを読めるから、ワインにしても、オリーブオイルにしても、
それを手にとれることに感謝出来ます。
素晴らしいにゃ〜。。。
Commented by t-tachikichi at 2010-09-15 13:45
お疲れ様でした。たくさんのぶどう。まさか一つ一つが人の手による
物だとは思わず、ありがたくいただかなくては・・・と思いました。
日本では希少価値とブランドイメージが先行しているように思います。
お酒に弱い私が言うのもなんですが・・・
それも素敵ですけど、こういうこともちゃんとわかっていたほうが
何手間ひまと、その結果を丸ごと・・・ワインを愛せる気が致します^^

雨が予想通りになってよかったですね!お見事です~
Commented by infoitalia at 2010-09-15 15:28
marcheselliさん。ありがとうございます。まさにその通りで普段口にしている物がどのような過程を経て作られているかを知ると大切にいただかかなくてはと思います、でも時には、知ってしまった・・・・(汗)ってこともありませんか?苦笑
Commented by infoitalia at 2010-09-15 15:36
ドン・シモーネさん。私もシモーネさんから知らない世界を沢山教えていただいてますっ。
人に説明することで自分に知識になる!^^
カルロス・ゴーンの経営論ですか?
Commented by infoitalia at 2010-09-15 15:52
oltranaturaleさん。手間をかけることで品質の良いものができるということですよね。シンプルな生活というよりワイルドな生活を体験してきましたよ。笑
Commented by infoitalia at 2010-09-16 03:28 x
荒川リリーさん。重労働な上にスクワット態勢は辛いですよね。笑
コーヒー農園のお話興味深く拝見いたしました。リリーさんのイラスト楽しみにしていますっ!
Commented by infoitalia at 2010-09-16 09:21 x
ぷーさん。収穫時の雨は、せっかくいい状態に成熟したブドウの状態を後退させるだけでなく、腐ったりカビが生えてしまって台無しになるという恐れもあります。手間をかけて丁寧に作られている状態を知ってしまうと、反対にえええ~そんな育て方、作り方で大丈夫?なんて思って・・・ドキドキすることも。(汗)
Commented by infoitalia at 2010-09-16 09:42 x
t-tachikichiさん。もちろん機械で収穫するところもありますが、やはり品質を考えると時間・費用・労力がかかっても手摘みをするべきなのだと思います。機械で収穫したくても物理的に不可能な畑もあります。とにかくどうやって作られているのかということを知るとありがたく頂かなくてはと思います。 
Commented by happydesigncafe at 2010-09-16 12:35
炎天下の中、おつかれさまでした
kazukoさんところでお手伝いしたときも、気が遠くなりそうでしたが(笑)
こうやって丁寧に手で摘まれ収穫されたワインは、格別な美味しさでしょうね♪
雨が降らなくて本当に良かった
また、私もお手伝い行きたいなあ
Commented by infoitalia at 2010-09-19 06:48
kotoriさん。ありがとうございます。
畑でのお仕事大変な作業ですよね、と同時にkazukoさんもkotoriさん達も一度に沢山のことをこなしていてスゴイな~と尊敬しております。雨降らなくてほんと助かりました。その後、トスカーナにてまたまた収穫見てきましたよっ!
by infoitalia | 2010-09-14 08:10 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(14)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia