イタリアを楽しもう!

De Simone(デ・シモーネ) シチリアの陶器

イタリアの個性的な陶器製品といえば、私も大好きな
シチリアのDe Simone(デ・シモーネ)。
c0077533_23423534.jpg

デ・シモーネの陶器をはじめて購入したのは
15、6年前にシチリア旅行をした時のことです。
他では見たことがないような明るい色彩、まるで子供が
お絵かきしたような素朴だけど温かいタッチ、人や動物
などがぎっしり絵がかれた躍動感・生活観溢れる絵柄に
魅せられ、どれも可愛くて決められず、悩みに悩んで
いろいろなタイプのお皿を買い込みました。
(その多くは移動中に割れるのが怖くてイタリアに連れて来て
ません。日本の実家に置いたまま。でも今度帰国の際には連れ
てこよう!)

写真(↓)の3つの小皿は長辺7.5cm、短辺5.5cmのとって
も小さなお皿。アクセサリーを入れるのにもぴったり。
食卓では箸置きやおつまみやお茶の時に添えるチョコなど
に使ったりしてます。
c0077533_23284166.jpg

このお魚のお皿もお気に入り(子供の頃学校で魚の壁飾りを
作った記憶があるのですが、そんな子供心たっぷりのお皿。
ってプロの作品をそんな例えにしたら失礼ですよね。笑) 
c0077533_23535995.jpg

デ・シモーネ
Giovanni De Simone (ジョヴァンニ・デ・シモーネ)
1930年10月28日パレルモに生まれる
若年からファエンツァの陶芸学校にて、名匠の元で陶器製作を
学ぶ。ピカソに出会いピカソからの影響も大きく受ける
1951年プロとして活動開始
その後多くの作品を作り出し、数々の賞を受賞
彼の作品は世界中で愛されている
1991年3月23日逝去

ジョヴァンニ氏の没後、"Ceramica De Simone”の工房は
三女のマルゲリータさんが跡を継いでいた。
ローマに陶芸の工房を持ち各地の展示会で活躍していた
次女スザンナさんがパレルモに戻り、マルゲリータさんの工房
が閉鎖した後は、2007年からスザンナさんがデザインなど
指揮・監督する"La Fabbrica della ceramicha”という社名
の工房で 唯一DESIMONEと名乗る製品を作っている。

とのことです。
(これは私が聞きかじっている情報なので、
もっと詳しい情報をご存知でしたら教えてください。)

実は2004年にパレルモの”Ceramica De Simone”の工房を
訪れる機会に恵まれました。
その際にはマルゲリータさんとお話をさせていただきました。
憧れのDESIMONEということであの感動は忘れられません。

現在の作品(商品)には”DESIMONE”というサイン
ではなく(写真左)、”La Fabbrica della ceramica"と印(写
真右)が入っているようです。
c0077533_0191319.jpgc0077533_017266.jpg


これからも沢山素敵な作品を作り続けて欲しいと思います♪

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-06-09 01:01 | Sicilia(シチリア) | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/14549921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 荒川リリー at 2010-06-09 06:24 x
目の保養と、勉強をさせていただきました!!どのお皿かわいくて、使い安そうで、素敵です!!

パレルモのデシモーネにいらしたなんて、うらやましい限りです。
私も2年前に、パレルモのデシモーネを見たくて、シチリアへ旅立ったのですが、アポもしていませんし、工房が閉まっていると、ききまして、結局見ることが出来ませんでした!!

infoitalia さんのブログで、色んな知識を得ることが出来ました!!
ありがとうございます!!
Commented by infoitalia at 2010-06-09 18:25
荒川リリーさん。やっぱりデシモーネは可愛いですよね♪♪ 
デシモーネを見るためにシチリアに行かれたのですか?(驚)でもその気持分かります~!
工房が閉まっていたのは残念でしたね。ひょとしたらその頃工房が閉鎖して新しく現在の工房立ち上げの頃だったのかも知れませんね(勝手な想像ですが)。
私も上記の情報は聞きかじっただけなのでもっと詳しい情報をご存知でしたら教えてくださいねっ。
Commented by miacucina at 2010-06-10 00:26
私もデ・シモーネ大好きです♪
鮮やかな色彩と見ていて楽しくなる絵柄がシチリアのイメージぴったりですよね。イタリアに行った時に何度かみかけたのですが、持って帰ることを考えると買う勇気がありませんでした。日本では中目黒のジラソーレさんというお店で買えるんですよ。
Commented by ぷー at 2010-06-10 05:36 x
デシモーネって名前だったんですね〜。
知人の所で見かけてとっても印象に残ったんです。
この色使いはやっぱりシチリアならではの気候のもとに培われたものでしょうか。
昔はこの手の色使いの陶器が苦手だったんですけど、本当にこの2、3年で、とっても魅力を感じるようになりました。
段々とイタリアに感化されてきてるんでしょうか…。
Commented by t-tachikichi at 2010-06-10 09:35
イタリアのお皿はアートですね!食事が楽しくなるなと
思います。
アメブロ版では、コメントをありがとうございました!
エキサイトでも同じ内容で更新しているので
こちらでリンクを張らせていただきたいと思います。
イタリアはいつか必ず行きたい国の一つです。
いろいろ教えて下さいね!^^
Commented by infoitalia at 2010-06-10 17:06
miacucinaさんもデ・シモーネお好きなんですね♪♪ まさにシチリアのイメージにぴったりで見ていて楽しくなりますよね。壊れやすくてさらに重い陶器って持ち帰ることを考えると躊躇してしまいますよね。最初に購入した時はリュック1つで旅行していたので背中にずっしり背負って行商人のようでした。笑 ジラソーレさんにはまだ伺ったことがないのですがぜひ行ってみたいです。
Commented by infoitalia at 2010-06-10 18:34
ぷーさん。そうそう苗字なんですよっ。結構お高いので小さいものをこまごまと買い集めてますが、ど~んと大きな絵皿とか素敵だな(憧)と思ってます。デシモーネは色使いがとても個性的ですよね、ピカソからも影響を受けているとか。シチリアの色使いといえば、カルタジローネやサント・ステファノ・ディ・カマストラの陶器が有名ですが、それらは陶器の地肌のミルクっぽい色と、鮮やかな緑、青、黄色の色づけ、アラブの影響を思わせる幾何学的図柄などもあって、全くタイプが違いますよね(こういったタイプも好き!)。
>段々とイタリアに感化されてきてるんでしょうか…。
イタリアの良い部分は感化されたいですよね♪♪
Commented by infoitalia at 2010-06-10 19:09
t-tachikichiさま。コメントありがとうございます。お皿やテーブルセッティングは食事の一部だと思います。ちなみに「イタリアのお皿はアート」と言う言葉が相応しくて、水がなんとなく漏れる水差しもあるとか(愛嬌で許されている?)。
リンクありがとうございます!こちらこそこれからもよろしくお願いします。
Commented by quint503 at 2010-06-12 05:49
ご無沙汰しております
このお皿かわいいですね

絵本のページを切り取ったようなお皿^^
こんなお皿がさりげなく出てきたら楽しいですね
Commented by infoitalia at 2010-06-13 00:10
quint503さん、こんにちは!ここのお皿はまるでシチリアの太陽のような鮮やかさと、生活観溢れる絵柄(例えば1つ目のカジキマグロ漁とか、ブドウの収穫とか、シチリアのオレンジを運んでいるところ等)が魅力いっぱいに描かれていてそんなところにも魅かれています。
食卓が楽しくなりますよね!
<< ナポリピッツァ Di Mat... Osteria Frances... >>