イタリアを楽しもう!

パシュクアーレ牧島さん ナポリピッツァ職人世界選手権優勝!!

パシュクアーレ牧島さん ナポリピッツァ職人世界選手権優勝!!
IX Edizione Campionato Internazionale del Pizzaiuolo Napoli - Trofeo Caputo

c0077533_2483261.jpg

ナポリにて第9回ナポリピッツァ職人世界選手権
(カプート杯)が開催されました。

参加者は総勢150名。イタリアからだけでなく、
世界中から、日本20名、フランス7名、スペイン5名、
アメリカ10名のPizzaiuoli(ピッツァ職人)が大会に参加
して腕を競いました。
これはナポリピッツァが世界中に広く普及していることを
物語っています。

競技種目は
・トラディショナル(メインのS.T.G.)
・オリジナルピッツァ
・メートルピッツァ
・グルテン抜きピッツァ
・アクロバット
・フリースタイル
・生地の早伸ばしや、大きく伸ばすことを競う
競技も行われました。

(注釈)
ナポリピッツァは2009年12月にヨーロッパ連合(EU)
によりS.T.G(伝統的特産品保証)認証を受けて公認
のものとなっています。


今回第9回ナポリピッツァ世界選手権(カプート杯)
トラディショナル ピッツァナポレターナS.T.G.部門
(大会メイン部門)で見事優勝したのは、
名古屋のピッツェリア「Cesari チェザリ」の
牧島昭成さん(Akinari Pasquale Makishima)
昨年の2009年には同種目にて3位の成績を収め、
さらに「駐日ナポリピッツァ職人大使」に任命されています。

S.T.G部門
1位 Akinari Pasquale Makishima氏(日本)
2位 Cacialli Vincenzo氏 
3位 Sandrico Vincenzo氏

今大会で日本人が優勝するのは初めて。c0077533_2494960.jpg
今回 ナポリピッツァ職人のチャンピオンの座を
手にしただけでなく「世界のナポリピッツァ大使
にも任命されました。

今回大使に任命されたのは下記の3名:
Tony Gimignani氏 (アメリカ)
Fabian Martin氏 (スペイン)
Akinari Pasquale Makishima氏 (日本)

この選手権はピッツァだけでなく、実際にピッツァを焼く
ピッツァ職人の熟練さを褒賞する唯一の大会であると
カプート製粉会社の社長カルミネ・カプート氏は語って
います。

牧島氏は優勝を手にしてのインタビューで
ナポリのチャンピオンとして恥じないようにナポリピッツァを
日本に伝えていきます。これがゴールではなくスタートだと
思っていると話しています。

ところで・・・

真剣勝負でも華やかな場に欠かせないのが美しい女性。
こんなポーズをとらされるのもさすがイタリア。
c0077533_2504970.jpg


ナポリピッツァ職人選手権の話題続きます~。

ほらまたシチリアの話題から脱線しちゃったねぇと思った方も
また後日再開しますのでお待ちくださいねっ!

2つのランキングに参加しています。2つ共クリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-05-31 03:32 | ピッツァ関係&大会等 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/14489883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sfarina at 2010-05-31 07:58
あ、嬉しいこの情報♪
昨日新聞に小さく載っていて あまり良く分らなかったのですが
そうだったんですね。
ピッツアの大会っていろいろありますよね?
これは最高峰的な感じなのでしょか?
infoitaliaさんも会場に行かれたの?
しかし日本人優勝したので、すごいな。
Commented by infoitalia at 2010-06-01 06:24
sfarinaさん。ピッツァの大会っていろいろあるんですよね、最近教えていただきました。それだけピッツァが愛されているってことですよね♪♪
各大会は主催しているところが違うようです、以前他の大会で日本人の方が優勝されてその時もスゴイ!と思いました。
日本人の方が世界で認めらるというのは同じ日本人として誇らしく嬉しいです!
Commented by gellius at 2010-06-01 06:25 x
同じ日本人として誇らしいですのぉ~♪
つーか、パシュクワーレ(笑)さんってハーフなの?
それとも、源氏名?
ピザの世界では確実に日本人がもう認められてるよね!
Commented by infoitalia at 2010-06-01 06:38
gelliusさん。ほんとに誇らしいですよね♪ 
ところで彼はハーフなんですよ(って嘘 笑)。師匠の名前からとか、しかもナポリ方言読みっていうのも面白い(笑)。
ピッツァの世界では日本人の存在感は大きいですよね、そう考えるとまだまだ普及してなかったときに開拓された方達も偉大ですよね。
Commented by infoitalia at 2010-06-01 06:42
ゆあんださん。間違えてコメント消しちゃいました。ごめんなさい!
名古屋のお店なので機会があったらぜひ行ってみてください♪
Commented by t2cosmo at 2010-06-01 16:03
牧島さんとは2年程前からのお付き合いになりますが、出会った時から「さすが!!」と言う雰囲気を持っていましたね。

日本人がいろいろなイタリアの大会に参加するようになってきて・・・
日本人がまじめに取り組んで、賞を取れないわけはないでよね。
・・・彼、ハーフだったんですか??〔笑〕
Commented by infoitalia at 2010-06-01 19:23
t2cosmoさん。大業を成し遂げる人は「さすが!」というオーラーをかもし出してるのでしょうね。いろいろな大会で日本人が活躍するのは同じ日本人として本当に嬉しいです!
ところで・・ハーフってご存じなかったのですか?(笑)
Commented by miacucina at 2010-06-01 23:34
新聞でちらりとこのニュースを目にして気になっていました。
素晴らしいですね。日本人の活躍は本当にうれしい♪
この10年ぐらいの日本のPizzaのレベルupは、こういう方たちの努力の元にあるんですね。
この前のGiroでも新城選手ががんばっていましたよね~
それにしてもPizzaも自転車も最後は必ず美女のbaci付きなんですねぇ(笑)
Commented by tammys at 2010-06-02 00:22 x
へーまたもや日本人が優勝ですか♪♪嬉しいお知らせ~~
9月にもピッツァフェスタがあるじゃないですか。大西さんが昔優勝されたときもやはりかなり大騒ぎでしたけれどね。日本人手すばらしいわ~~と、知りもしなかった人と自分を同じ日本人というカテゴリーで勝手にくくってました(笑)
カプート杯、すごいですね、さすがはカプート社だわ。
やっぱりピッツァは薄くてパリンパリンのじゃなくて、ナポリ風が美味しくて好き~。
って、infoitaliaさん、雑誌とかの取材記者みたい、あちこちお忙しいですね。最近はずっと南?
Commented by ぷー at 2010-06-02 16:26 x
「パシュクワレ」!ウケました〜。きっと師匠には「ウィッ、パシュクア」と呼ばれていたのでしょう…(とまた勝手に想像膨らまします) 

「ナポリのピッツァを真似して作ってる中途半端なピッツァ」は、もう駄目。胸がつかえて苦しくなります(重い)。だけど、ナポリのピッツァは、またその中でも美味しく作る人のピッツァって、何枚でも食べられそうなくらい、軽いですよね。簡単そうな1枚も奥が深い!最初はナポリのピッツァはどこでも美味しく思っていたけど、段々と「ここの生地は塩がきき過ぎ」「ここはオーリオが足りん」「ここは焼き過ぎ」「こっちは焼きがイマイチ」とか、わかる(っていったらオコガマしいんですけど)ようになってきました〜。これもピッツァには口うるさい義家族のお陰?
Commented by infoitalia at 2010-06-02 17:48
miacucinaさん。日本人の活躍は嬉しいですよね!Giroの新城選手も大活躍だったとか。
やっぱり晴れがましい舞台には美女が欠かせませんよね!(笑)
Commented by infoitalia at 2010-06-02 17:54
tammyさん。そうですね、大西さんが優勝された時もすごい大騒ぎでしたよね!大変な努力をされて素晴らしい成績を残してくださる日本人の方達のおかげで、ほらね!日本人はすごいのよ!と他国の人に向かって誇らし気に言えます。
私もナポリピッツァが好きです~♪ 取材記事ぽかったですか?次は軽めにいきますっ。笑 南の間にちらっと北上したりしてますよ。笑
Commented by infoitalia at 2010-06-02 17:58
ぷーさん。まさにそれ!パシュクアって感じで!!爆
さすが義家族の方達に鍛えられたナポリピッツァの味が分かる女!笑
簡単そうな一枚でも奥が深い。今回思ったのはどんな悪コンディションでも対応できることも職人の技量なんだなと。 
Commented by jaffa at 2010-06-11 18:39 x
初めてコメントさせていただきます。
素晴らしい感動のレポートをありがとうございました!
また、他のページも楽しくてためになる情報満載ですね。
今回の大会の直前までは僕も見学に行く予定だったんですが、滞在していたスイスからの移動が遠すぎて、ナポリを断念して同じイタリアのトリノとミラノでカフェとリストランテ巡りを楽しんできました。
遠くてもせっかくイタリアにいたんだから、この歴史の目撃者になりたかったです~~(^^ゞ
これからも美味しそうなイタリア情報を楽しく拝見させて頂きます。
Commented by infoitalia at 2010-06-12 01:55
jaffaさん。コメントありがとうございます!何かのためになっているか分かりませんがそう言っていただき嬉しいです!ところで大会にいらっしゃる予定だったのですか?そしてその時イタリアにいらっしゃった!?それは残念~!(でも確かにスイスからは遠いですよね・・) トリノとミラノでのカフェ、レストラン巡りがどうだったのかも気になります。
私もjaffaさんのブログ楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします!!
Commented by Jaffa at 2010-06-16 10:20 x
今更ながら亀レスですみません(^^ゞ
トリノで寄ったカフェは1870年創業「PLATTI」 1883年創業「Avvignano」1836年創業「STRATTA」1763年創業「AL Biccerin」1907年創業「MURASSANO」1875年創業「BARATTI & MILANO」で他にジェラテリアに2軒行きました。
ディナータイムはナポリピッツァの「SPACA NAPOLI」に行って、なかなか美味しいピッツァを頂きました。
ミラノでは楽しみにしていた「JOIA」でアスパラガスのフルコースでした。
ピエトロ・リーマンシェフからも色々話を聴く事が出来てラッキーでした。
今回はイスラエルの仕事のトランジットで、スイスを選んで友人宅に寄るのが目的でした。
イタリアは2日間しか時間が取れなかったのでナポリの大会を諦めることになったんです。
Commented by infoitalia at 2010-06-17 19:13
jaffaさん。いえいえ、いつでもコメント大歓迎です!
トリノでのカフェですが、凄いですね。いっきにこれだけ制覇ですか。
JOIAでアスパラガスのフルコース!いいですね~。
アイデア一杯でとても楽しいお店ですよねっ!
>今回はイスラエルの仕事のトランジットで、スイスを・・・・・・
ナポリの大会は残念でしたが、でもイタリアでの2日間も内容盛りだくさんで充実度100%、楽しそうです!!!
<< 第9回 ナポリピッツァ職人世界選手権 Ristorane Duomo... >>