イタリアを楽しもう!

Tommasi社の熟成樽がギネス記録(Vinitaly.6)

順番ごちゃごちゃにVinitalyの話題をUPしてますが、
今回Vinitalyでお友達のMarikoちゃん(ガンベロロッソの
調理製菓プロコース、オリーブオイルソムリエ、イタリア
ワインソムリエ等のディプロマを持っていて、いつも新しい
ことに挑戦している憧れのお友達です。
こちらからブログをご覧ください。)とも久しぶりに会えて、
会場内を一緒に見てまわることができました。
おかげで楽しさ倍増!grazie!
****************************************
ところで、Marikoちゃんからアマローネの生産者Tommasi社
が使っている熟成樽が「世界一大きな熟成樽としてギネス
記録に登録された」らしいよ というニュースを聞いていたの
ですが、Tommasi社のブースに展示してなかったので、てっ
きり情報だけで実際に見ることはできないと思い、すっかり
忘れかけていたのですが、後日違う用件で入ったパビリオンで
偶然発見!

でかい!
c0077533_5405587.jpg

熟成樽の名称は「マニフィカ」
作成したのはGarbellotto社 1775年創立
当初は手工業だったのが現在は大規模な工場へと発展し
世界でもリーダー的な会社です

Tommasi社は、1902年創立の家族経営のワイナリー
ヴァルポリチェッラ・クラッシカ地区にあります
アマローネ・クラッシコを生産するワイナリーの中でもトップ
クラスのワイナリーです

さて、この熟成樽「マニフィカ」どんなに
すごいかというと!
オーク材5000kg使用
容積40㎥
容量33300リットル
高さ4.5m
樽板360cm

Tommasi社はこの「マニフィカ」を300樽くらい
所有しているそうです。すごい!

2つのランキングに参加しています。共に1クリックお願いします♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by infoitalia | 2010-04-28 06:31 | Vino(ワイン)&ワイン見本市 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/14264167
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gellius at 2010-04-28 23:47 x
でかっ!大きいと何か特権があったりするのでせうか?
大きい樽の方が樽と触れる面積が多いので樽香が早くつくとか?
Commented by norlie at 2010-04-29 23:12
大きいですねー!!ブドウ何個入るんだろう…というか、ブドウはおろか人も何人入れるんだろう、という感じです!
樽の大きさが違うと、ワインも変わったりするんでしょうか?
300樽もこの樽が置いてあるなんて、とてもとても広い敷地なんですね!
Commented by infoitalia at 2010-04-29 23:59
gelliusさん。でかっ!でしょ~?
ところで、実は反対で大きい方が酸化熟成の度合いが緩やかになるし、樽からの抽出の影響も少なくなります。だから樽からの影響を早く強く与えたい場合には小樽を使ったり、酸化しやすいブドウ品種は大樽で熟成させたりと樽の大きさを使い分けるようですよ。
Commented by infoitalia at 2010-04-30 00:13
norlieさん。樽の中に何人入れるか試してギネスに挑戦!っていうのもありそうですよね(笑)。
樽の大きさが変わるとワインも変わるんですよ。樽が与える影響は香りやタンニン。小樽で熟成した方がワインは影響を受けやすいです。例えばバニラの香りが強く感じたら、小樽で熟成したんだろうなぁと想像できたりします。
<< ガルダ湖周辺でのCena(Vi... ブドウ品種GROPPELLO(... >>