Vinitaly2010 (no.2) Moscato di Trani

まず初日。
プーリア州のパッシートMoscato di Trani(モスカート ディ トラニ)

「赤いバラの花と牡蠣」と共に華やかに並んでいるボトルに
思わず目が留まりました。
牡蠣とパッシート?(バラの前に置いてあるのは牡蠣です)
c0077533_20583133.jpg

モスカート ディ トラニDOCはプーリア州のDOCワインの中
で最も歴史があり高貴なワインだそうです。
c0077533_21141222.jpg

ブドウ品種:モスカート レアーレ
土壌:凝灰岩、石灰岩質
標高:30~50m
仕立て方:ペルゴラ プリエーゼ

樹についたまま干しブドウ状になったブドウから作られます。
収穫は10月初旬頃。
他のアッパッシメント(乾燥)との違いは、糖度と香りが最適
な凝縮度に達成するまでブドウの房を収穫せず樹につけた
ままにしておくということです。
収穫の際には、健康で状態の良い房だけを選び、ボトリティス
・シネレアという貴腐菌がついた房は収穫しないそうです。
というのも格別なワインの品質(味・香り・色など)を妨げな
いようにするためだということです。

*貴腐菌とはボトリティス・シネレア菌のこと。
ブドウの果皮に付着するカビですが、一定の条件化でこの菌が
つき果実の水分が蒸発した際には素晴らしいワインを生む
ブドウとなります。

アルコール度数14.5%

さて肝心のパッシートの特徴ですが
生産者の方が熱く詳しい説明をしてくれるもののなかなか
試飲をさせてくれないのです。
「お預け」を待っている犬のようにじらされるじらされる。。
試飲する時の温度は15度でなくてはいけないとのことで、
温度計をグラスに挿して、目の前で測ること数回・・
生産者の方:「まだ温度が低すぎるからダメ」
(この得意げな顔をみてください 笑)
くぅ~。辛い。
c0077533_2123878.jpg

待ちに待たされてやっとOKがでて試飲させてもらえました。

綺麗な金色
粘性、コクがある
香りはモスカートらしいアロマ、花、ハチミツ、黄桃の
ジャム、トロピカルフルーツ系、バニラなど
とてもまろやかで上品な甘さ、酸味

料理との相性ですが、パッシートというとやはりドルチェを想
像するのですが、最初に書いたようにここでは生牡蠣に合う
と力説されてました。
「生牡蠣はシャンパンと相性がいいと言われているが、違~
うっ のだ!」
あいにく私、生牡蠣には何度もあたって酷い目にあっているの
で残念ながら今回はパス。Vinitaly初日からピーピーな状態
になんてなってられませんから。笑
他にフォアグラ、生ハムにもあうとのこと。

2つのランキングに参加してます。どちらとも1クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/14177277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomocone at 2010-04-15 22:54 x
Viniitalyいいですね。随分前に一度行ったことがあります。とにかくあの広さにびっくりしたことをよく覚えています。
モスカート ディ トラニDOCもおいしそう。牡蠣とあうんですね。それにしても、生産者の方、本当に得意げな顔してますね。こんな顔されて、待たされるなんて、辛すぎる。私もこの顔みてたら、飲みたくなってきました。辛い~
Commented by Marimariです♪ at 2010-04-16 05:23 x
infoitaliaさん、こんにちは♪
ほんとに、いっぱい試飲して、いっぱい歩いて、お疲れさまでした!私もやっと胃も居場所も落ち着き、ブログ更新を始めるところです♪
あのモスカート美味しかったですね~。カキが苦手だったのですね!フォアグラとパッシートの組み合わせは最高ですよね♪
また、フラフラ飲みに参りましょう♪
Commented by ぷー at 2010-04-16 06:28 x
く〜っ、Vinitaly、憧れる〜〜〜!
私は生ガキ、そんなに沢山は頂けないけど、大変好物ですので、是非是非このワインとの組み合わせで試してみたいですっ!

うーん、「難しい…」と思うのをやめて、少しずつ自分流で ワインに親しんでみようかな〜(飲んでるばっか)
Commented by tammys at 2010-04-17 05:02 x
へー、パッシートと生牡蠣・・・意外です。
元々牡蠣嫌いだったのですけど、こちらでフランス牡蠣食べてから好きになりました。ラッキーなことに今まで一度もあたってはないのですけど(そんなに食べる機会もないしね)、昨年とあるレストランのコックさん&インポーターさんたちのパーティーに招かれてしばらくは食べなくて言いやと思うほど死ぬほど牡蠣を食べました。あの時こんなパッシートがあったら是非試してみたかったです。
でも、この生産者の得意げな顔・・・時々見かける雰囲気ですが、ちょっと苦手かも(苦笑)きっと「お話しは分かったから早く飲ませて~!!」っていう態度に出ちゃう私です。
プー愛会会長(おぼえてますか?笑)なんぞとほざいてますが、恥ずかしながら知らなかったです、このワイン(羞恥)
Commented by infoitalia at 2010-04-17 20:48
tomoconeさん。Vinitalyの会場は本当に広くて今回も全部見て回ることなんてできませんでした。そうそうこの得意げな顔がにくいでしょ~。でもその真剣な表情を見てたら失礼なんですが笑いがこみ上げてきて大変でした。
Commented by infoitalia at 2010-04-17 20:51
marimariちゃん。お疲れ様でした~♪ おかげで楽しかったです、ありがとう!また飲みましょうね!そうなの、牡蠣には何度もあたってるのよね~、新鮮な牡蠣を仕入れました!といわれて食べに行ってもあたって酷い状態になるのというのを繰り返してやっと身体が受け付けないのだと気がつきました。遅すぎ~。笑
Commented by infoitalia at 2010-04-17 20:57
ぷーさん。牡蠣お好きなんですね、私は何度も中っているのでさすがに怖くなって火が通っていてもドキドキです。いやいや・・ワインを美味しく楽しく味わうのに難しいウンチクはいらないですよね!イタリアワインはイタリア人と同じく個性的なので楽しく親しむにはもってこいかも!
Commented by infoitalia at 2010-04-17 21:05
tammyさん。牡蠣、中らなければ好きなんですけどね~、フランスに行った時にみんながパクパク食べてるのを横目に私はカメラマンと化してました。死ぬほど牡蠣を食べたってすごいな~いいな~、でも私だったら本当に死んでるかも。苦笑 
そうそうこういった得意げな顔の方いますよね~、私はこの得意げさが笑えてきて笑いが抑えきれなくなって大変でした。後ろに座っていらっしゃる方(息子さんかも?)が、その私の様子を見て笑ってました。「相変わらず得意げに喋っちゃってるよぉ~」といった表情を投げかけてくれてました。 プー会長!もちろんですよ。私も会員に入れてもらってるはずなんですけど(苦笑)。郷土料理をはじめ沢山沢山あるので、毎回新たな発見があって面白いですよね!
by infoitalia | 2010-04-15 21:22 | Vino(ワイン)&ワイン見本市 | Trackback | Comments(8)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia