イタリアを楽しもう!

メーカー訪問第34回 ワイナリーDonnafugata(ドンナフガータ)社

Donnafugata(ドンナフガータ)は家族経営のワイナリー
です。その歴史は長くさらにシチリアワインの「質より量」
という考え方を覆し品質の良いワインを造りはじめた
先駆者でもあります。
c0077533_1741401.jpg


ワイナリーの名前はDONNAFUGATA。
ドンナフガータとは、「逃げた女」という意味。
意味深な名前ですが・・実はこんな由来があるのです。
この「女性」とはハプスグルグ家のマリア・カローリナ王妃
のこと。ブルボン家のフェルディナンド4世の妻である彼女は
ナポレオン軍の襲来を恐れて、ナポリ宮廷からシチリア
のサンタ・マルゲリータ・ベリチェの宮殿に逃避します。
シチリア貴族の公爵、ジュセッペ・トンマージ・ディ・ランペ
ドゥーサ(長いっ・・)が書いた「山猫」の中でドンナフガータ
という名の宮殿はサリーナ王の所有地にあるとつづられて
いて、現在はドンナフガータ(ワイナリー)のブドウ畑が
この地に広がっていることに由来します。

ワインのラベルも「山猫」に関するものなど「女性」を
モチーフにしたものがほとんどです。どれもテーマがあり
またとても素敵なラベルばかりです。

長くなりますが続きますよ~(↓)
クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブドウ畑は、マルサラから内陸に入ったContessa Entellina
(コンテッサエンテッリーナ)という場所と
Pantelleria(パンテッレリア島)にあります。
ワイナリーはこのマルサラの地にあり、ここで熟成、
ボトリングが行われます。

バリック熟成庫
圧巻です。
c0077533_17423972.jpg


試飲は6種。
c0077533_17451794.jpg

Lighea 2008  Sicilia IGT
・ブドウ品種:Zibibbo, Catarratto
・ラベル:ジュセッペ・トンマージ・ランペドゥーサの
小説にでてくる人魚の名前。
・アロマ、フローラル、柑橘系の香り、
フレッシュでアペリティボに最適
Vigna di Gabri 2008 Contessa Entellina DOC
・ブドウ品種:Ansonica, 他白ブドウ
・ラベル:ヴィーニャ・ディ・ガブリとはコンテッサエンテ
ッリーナのブドウ畑の中で最良の畑であり、オーナー夫人
ガブリエラ自ら命名しました。
・香りが華やかで上品、アカシア、リンゴ、
酸味が豊か、ミネラルが特徴
Chiaranda' 2007 Contessa Entellina DOC
・ブドウ品種:Chardonnay,Ansonica

Sherazade 2008 Sicilia IGT
・ブドウ品種:Nero d'Avola,Syrah
・ラベル:千年一夜物語「ミッレ・ウナ・ノッテ」の主役
紫がかったルビー色、
非常にフルーティーでキュート、バランスがよい
Mille e una Notte 2006 Contessa Entellina DOC
・ブドウ品種:Nero d'Avola 他
・ラベル:サンタ・マルゲリータ・ベリチェに現存する宮殿
完熟したフルーツ、バルサミコ、甘草
バランスがよく、柔らかいタンニン、余韻が長い
Ben Rye' 2007 Passito di Pantelleria DOC
・ブドウ品種:Zibibbo
・ラベル:アラビア語で風の息子という意味
甘さ、ミネラル、酸味のバランスが非常によい
アプリコット、イチジク、ハチミツなどの香り
個性的で素晴らしいワイン
c0077533_19233711.jpg

(残念ながらSherazadeのラベルはありません↑)
[PR]
by infoitalia | 2009-12-23 19:26 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/13306112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by happydesigncafe at 2009-12-23 20:39
今日もずーっと田舎の家見てたので
まず、ピンクの家に驚いてしましました!
でも青空に良く似合って素敵だな〜☆

量より質、いいワイナリーなんでしょうね!
説明みてたら、どれもフルーティーで美味しそう☆
飲みたいっ
Commented by がっちゃん at 2009-12-23 23:10 x
うっわ~この整然と並んだバリックの熟成庫。本当に圧巻ですね。
ものすごい数のものが並ぶ。それだけで感動します。
上の段の真ん中の、Vigna di Gabri 2008 Contessa Entellina DOCについては、先日教えていただいたんでしたよね。
映画「山猫」も見たんですが、宮殿の名前まで覚えていません・・・
そうそう、実際の撮影では、ジェンツツァーノ・ディ・ローマの近くにあるアリッチャの宮殿を使用したと聞いたことがあります。
それにしても試飲西手は結構な量ですし、これだけ毎日お仕事で飲むとなると体調管理が大変ですね。
イタリアも寒波なようですし、ご自愛下さい。
Commented by sfarina at 2009-12-25 18:42
バリック熟成庫すごいですね、壮観!
ワインはさっぱりのsfarinaですが、ホントに「アプリコット、イチジク、ハチミツなどの香り」って分るのでしょうか?って変な質問ですが(汗)。
それが分るようになったら ほんとに楽しいでしょうね!
ラベル可愛い~!
Buon Natale E Buone Feste!!


Commented by infoitalia at 2009-12-26 19:31
kotoriさん、青い空にカラフルな色の建物は映えますよね!
ここのワインはどれも飲みやすくて美味しいです。
Commented by infoitalia at 2009-12-26 19:46
がっちゃんさん、新しい熟成庫だそうでとても綺麗でした、またこのように
上から見下ろすようになっているのでバリックが並んでいる様子がよく
見えました。ところで!「山猫」の撮影はジェンツツァーノ・ディ・ローマの近くの宮殿での撮影だったのですか?ほほぉ~(メモメモ)。
がっちゃんさんは本当に沢山のことをご存知ですよね。これからも
いろいろ教えてください、よろしくおねがいします!
がっちゃんさんも風邪などひかれないように楽しい年末をお過ごしくだ
さい。
Commented by infoitalia at 2009-12-26 20:01
sfarinaさん。でしょ?バリックや樽が並んでいるのを見るとなんだか
ワクワクします。えっとですね、全然香りが識別できないワインもある
んですが、おおっ、これはあの香りだ!という風に分かりやすいもの
もあります、品種によってははっきりと香りに特徴があるものもあるん
ですよ。例えばフルーツの香りにしても、フレッシュなのか、
熟したタイプか、それともジャムっぽい凝縮したものかとか、気にかけて
かいでみるとその違いがあって面白いですよ。

<< 城砦の中に入るとこんな空間が!... マルサラで魚介づくし♪ >>