イタリアを楽しもう!

メーカー訪問第33回 マルサラのワインメーカー(FLORIO社)

シチリアのマルサラといえば、酒精強化ワイン「マルサラ」!

酒精強化ワインって何?
酒精強化ワインとはブランデーやリキュールなどを加えることに
よりアルコール度を高くしたワインのことをいいます。
世界3大酒精強化ワインといわれているのが、ポルトガルの
ポルト、マデイラ、スペインのシェリーです。

マルサラにはマルサラワインを造っているメーカーが沢山ある
のですが、その中でも有名なのがFOLORIO社
(フローリオ社)。
今回はこちらを訪問しました。
広大な敷地内の右側に熟成庫があります。
c0077533_23431093.jpg


マルサラワインの発祥は、なんと偶然の産物だったそうです。
1773年、イギリス人商人、ジョン・ウッドハウスは船で
シチリアに向かっている途中嵐に遭遇してマルサラに避難しま
す。ここでイギリス人好みの美味しいワインに出会います。
なんとかして自国イギリスに持ち帰ろうと思いますが、この
ままでは船旅に耐えることができないのでアルコール度を高め
て運ぶことを考えました。このワインはイギリスで瞬く間に
評判となりました。これがマルサラワインの発祥です。
マルサラに戻ったウッドハウスは本格的にマルサラワイン造り
にとりかかります。
ネルソン提督からも世界一美味しいワインと評され、名を
とどろかせることになります。

その後、イタリア人として最初にマルサラワイン造りはじめたの
は、FLORIO(フローリオ)社の創設者ヴィンチェツォ・
フローリオです。

カンティーナは海の側にあり、ここから直接舟で輸出していた
そうです。

熟成樽が並んでいる熟成庫は圧巻です。
c0077533_23452139.jpg


マルサラの醸造法を簡単に説明すると、
ワインにアルコール、ミステッラと言われるモストにアルコー
ルを加えた物、モストコットを加えて樽熟成します。

マルサラと言ってもいろいろなタイプがあり
●色をベースに
Oro、Ambra、Rubino
●糖分の量をベースに
Secco(辛口)、Semi Secco(中辛口)、Dolce(甘口)
●熟成期間をベースに
熟成1年のものをFine
熟成2年以上のものをSuperiore
熟成4年以上のものをSuperiore Riserva
熟成5年以上のものはVergineといい
アルコールのみを加えて造る辛口、
Vergine Riservaも同上で、辛口で
10年以上の熟成となります

5種のワインを試飲しました
1~4まではマルサラ
各グラスを見ていただくと色の違いがお分かりかと思います。
(テーブルの色が邪魔をしてわかりにくいですが・・)
ワインの名前を記載しても分かり難いので、
タイプを記載してみます。
1.Vergine
ハチミツやバニラの香り、口の中にまろやかさが
広がりますが実は辛口で甘草のような風味
食前酒として、チーズなどにも合います
2.Vergine
非常に香りが強く・複雑。ハチミツ(焦がしたような)、
ヘーゼルナッツの香り 非常に滑らかですが辛口、アーモンド
のような心地よい苦味が残る 余韻が長い
食前酒として、チーズなどとも合います
3.Superiore Secco Ambra
ドライフルーツのような香り
辛口とはいっても中辛口にかなり近い
デザートワインとして
4.Superiore Riserva Semisecco Ambra
ナツメヤシやプルーンのような香り
ビロードの様な滑らかさ、甘さが心地よい
デザートワインとして
5.Vino liquoroso Passito Moscato
香りが非常に強く芳香性がある、ハチミツ、セージ、
かんきつ類の香り 食後にお菓子とあわせて
c0077533_1265617.jpg


シチリアツアーまだまだ続きます。
クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2009-12-15 01:57 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/13236408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tammys04 at 2009-12-16 03:33
わお!
マルサラのティスティングですって。すご~い。さすがはプロ。
シチリアはまだ未踏の地であり、マルサラも本土でいつかちゃんとティスティングしてみたいと思っていましたが、へえーー、なるほど。riservaとかvergineなどのカテゴリー分けも勉強になります。辛口の上等なのを飲んでしまうと、安っぽいのはvinsanto同様飲めなくなりそうですが、どうでしょう?^^
Commented by がっちゃん at 2009-12-18 15:53 x
うっわーーーー。さすがinfoitaliaさん!
わたし、こういうウンチク話大好き。っでさも自分が調べたかのように、またどっかで吹聴する。
これも早速メモメモ。ハハハ
マルサラワイン、一回しか飲んだことないんです。それはすごく甘かったので、勝手にデザートワインだと思い込んでいました。
こんなふうに、様々なカテゴリーと言うか、タイプも色々あることをはじめて知りました。本当に毎回infoitaliaさんのブログは勉強になります。
また、こうやって一度に色々な味をテイスティングすることで、より違いが明確になりそうですね。
Commented by infoitalia at 2009-12-19 00:05
tammyさん、こんにちは。マルサラといってもいろんな種類があるので
ほんと分かりにくいですよね。ちなみにカンティーナでは運が悪く
(内緒 笑)歴史について詳しく(もう、これでもか!っていうくらい詳しく)
語ってくださったのですが、醸造のことになるとホームページに書いて
あるから と言われて・・(って実は書いてないんですけどね)。担当者
によって専門分野があるとは思うのですが、醸造の方にかなり興味が
あるだけに あららぁ・・ と思いました。
というわけでブログに書いたカテゴリー分けは、カンティーナでは聞くこと
ができなくて自分の知識+友人のエノロゴに確認したものです。
確かに上等なのを飲んでしまうと、安っぽいのは飲めなくなりますよね
~。(感じ悪い?笑)
Commented by infoitalia at 2009-12-19 03:17
がっちゃんさん、ウンチクがお好きとのことで・・何かの役にたったら
嬉しゅうございます。笑 
そうなんですよ~マルサラワインと言ってもいろんな種類があるので
飲み比べることができてよかったです。。
そういえば3年前くらいに同カンティーナで樽で27年+瓶で1年熟成
の収穫年1975年のマルサラを購入したのですがまだ開けてません
、何か特別な機会にとは思っているのですが・・。一体どんな味なかの
楽しみです。
Commented by galleriaarsapua at 2009-12-19 17:43
素晴らしいカンティーナ,そしてバリックですね。
こんな大きなものまであるなんて。。。
ワインづくりは本当に奥が深いですよね。
infoitaliaさんのブログでもっと勉強させてもらいます。
Commented by infoitalia at 2009-12-19 18:58
kazukoさんは実際にワインを造られているのでその奥の深さが実感
できるのですよね。素敵です!私なんて体験でしか味わったことがない
のです、こちらこそkazukoさんのブログで勉強させていただいてます♪
これから剪定の作業が待ってますよね。
<< マルサラで魚介づくし♪ シチリアツアー!まずはアラゴス... >>