ピエモンテ ランゲ地方の紅葉 

ピエモンテ州のランゲ地方はバローロ、バルバレスコなど
一流のワインが造られる地域。
細かく区画されたブドウ畑が丘陵地帯に広がっています。
c0077533_381946.jpg

紅葉の時期は赤、黄、緑で織り成されたカーペットのよう。
グラデーションがとても美しいです。
c0077533_384332.jpg


ピエモンテのランゲ地方はフランスのブルゴーニュ地方と
似ている点がいくつかあります
○生産者が比較的小規模であること
○ブドウ畑が細分化されている
○単一品種でワインが造られることが多い

バローロもバルバレスコもネッビオーロというブドウ品種を
使って造られます。ネッビオーロという名前の由来は、
果皮の表面にロウ粉がついて、それがネッビア(霧)のように
見えるからとか、霧がでるころに収穫が行われるからだとか
言われています。
このブドウ品種はどの地域でも栽培が可能というわけでは
ない難しい品種だといわれています。
このブドウから造られるワインはタンニンと酸味が強いので
寿命が長く、年月を重ねて熟成することで魅力的なワインが
造られます。

美味しいワインが飲みたいですね~!
クリックお願いします♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/12940599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by happydesigncafe at 2009-11-13 08:55
徳島にひっこしてきて、ワイン飲んでないです〜涙
美味しいワイン飲みたいなあ

ぴしっと並んだぶどう畑の風景
見ていてとっても気持ちいいですねえ☆
朝からいいもの見れました!
Commented by norlie at 2009-11-15 22:44
おおー!ワイン畑!きれいです~!
infoitaliaさんのワインの説明が、なんだかとてもプロっぽくて、「へえ~」と何度も思ってしまいました。
私はブドウ園の違いや、品種のこと、土地のこと、あまり知らないのですが、infoitaliaさんはよく知っていらっしゃるのですね!なんだかワイン園ツアーとかやってほしいくらいです!

ワインのことを考えていたら、美味しいチーズを頂きたくなりました♪
Commented by infoitalia at 2009-11-16 00:30
kotoriさん こんにちは!
日本では紅葉の時期には紅葉狩りに出かけていましたが、
イタリアではあんまりそんな機会がないので紅葉の始まる
ブドウ畑が広がる景色はいい目の保養になりました!
Commented by infoitalia at 2009-11-16 00:37
norileさん、こんにちは!
私も「おおー!綺麗!」と思ってたっくさん写真を撮ってきました。
イタリアの北から南まで興味深いワインがあるので行って見たい
所が沢山あって大変です。実は小規模ですがワイナリーツアー
組んでいるんですよ。季節によってワイナリー、ワイン畑の顔が
変わるのでどの時期に訪れても面白いと思います!
でもやっぱりブドウ畑にブドウが実っていない時期だとちょっと
寂しく感じるかもしれませんけど。笑 
美味しいチーズとワイン♪♪ 私も食べたくなってきました!!
Commented by がっちゃん at 2009-11-18 14:39 x
ネッビオーロについては、「霧がでるころに収穫説」しか知らなかったので、勉強になりました。それにしてもイタリアのワインって、畑を先に言ったり、葡萄品種で名前を決めたり、どうしてあんなに解りにくいんでしょうね。
バローロだって、ネッビオーロ・ディ・バローロとかにしてくれたらいいのに。って思います。それか、ホント、場所なら場所で統一して欲しい・・・なんて思うのは、ワインについて素人だからでしょうか。
Commented by infoitalia at 2009-11-19 02:43
がっちゃんさん、本当にイタリアのワインは解りりにくいですよね。
でもそれが面白いというか・・地図を見ながら確認したりして。。
(地図好きなんです・・私)
そういえばキャンティもキャンティというブドウ品種があるのかと
思ってた時期もありました。苦笑
モンテプルチャーノは、ブドウ品種の場合と地名の場合とあって
ややこしいですよね。例えばモンテプルチャーノ・ダブルッツォ
(ブドウ品種の場合)、ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャ
ーノ(地名の場合)など。
でもイタリアワインとフランスワインを比べるとフランスワインを
覚える方が難しいです~。
by infoitalia | 2009-11-13 03:49 | Piemonte(ピエモンテ) | Trackback | Comments(6)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia