メーカー訪問第30回(ボルツァーノのワインメーカー)&ブドウ畑での剪定

ボルツァーノやその近郊には沢山のワインメーカーが
あります。急に日程が決まったため事前にコンタクト
をすることができなくて、直前に電話をしたのですが
やはり受け付けてもらえないところが多かったです。
(この時期はブドウ畑やワイナリーでの仕事も比較的
穏やかな時期なので、交代で休みをとったり、ここぞ
とばかりに修理などを行ったりすることが多いようです)
そんな中、気前よく応じてくれたワイナリーもありました!
明るく迎えてくれたオーナーにカンティーナを案内して
もらいました。家族経営のワイナリーです。
c0077533_613655.jpg

後で知った話ですが、もし一日ずれていたらオーナー
は仕事でミュンヘンへ行っていて不在だったそうです。
よかった~。

畑にも興味があると伝えたら、じゃあ畑を見に行こう!
という話になり2箇所の畑に連れて行ってもらいました。
この時期はブドウ畑に行っても実がなっているわけでも
緑の綺麗な葉っぱが見られるわけでもないのですが、
とても興味深い時期です。
というのも秋の収穫が終わって落葉したら、ブドウの木は
休眠にはいるのですが、その時に剪定の作業を行います。
果実がつく芽の数を決めるという大事な作業です。

木の仕立て方にはいろいろな方法があります。
私の要望どおりに、グイヨー(GUYOT)と
ペルゴラ(PARGOLA)という仕立て方をしている畑
を見せてもらいました。

こちらはグイヨー(GUYOT)。
c0077533_6144834.jpg

このように昨年使った(果実がなっていた)枝を
ざっくり切り落とします。
春に近づき枝が柔らかくなって切り口から樹液
が出てくる頃になったら枝をこのように曲げて
ワイヤーに縛っていきます。
(私のためにわざわざこうやってするんだよと
言って枝を曲げて見せてくれました)
c0077533_6155016.jpg

c0077533_6164635.jpg


剪定作業の際に、グイヨーはそれほど難しくないの
ですが、ペルゴラは熟練の人でないと簡単に剪定が
できないそうです。 こちらがペルゴラ。
どの枝を残していくかを見極めるのが難しいのです。
(納得・・・)
c0077533_62228.jpg

今回はカンティーナも興味深かったのですが、
畑にまで連れて行ってもらえてとても幸せでした。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/10793688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by emi at 2009-02-04 21:39 x
一日ずれてたらオーナーさん、お会いする事できなかったという事で、上手くお会いする事ができて良かったですね 
それにしても、雪を見て想像してますが寒そうですね!!
infoitaliaさんのおかげでワインってこんな風に作られるんだ ってのが学ぶことできてます。 木の仕立て方に、こんなにいろいろな方法があったとは!!こんな風にワイヤーをまげて一個一個やってく作業は慣れるまで相当年月かかりそうだし、難しそうですね。
Commented at 2009-02-05 07:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by infoitalia at 2009-02-06 06:49
emiさん、本当に運よく楽しい経験ができてよかったです。曲げて
ワイヤーに縛っていくのは今年使う枝なんですよ。(この枝に芽がでて
そこから若い枝が育っていくのです)。寒い中でも美味しいワインをつくるためには重要な作業なので欠かすことができないのです。
大変ですよね~!
Commented by infoitalia at 2009-02-06 06:56
鍵コメat 2009-02-05 07:44 さま。
こちらこそありがとうございました。いつも楽しませていただいてました。
こうやってブログを通して仲良くしてもらって嬉しかったです。
また・・・いつか・・・・復活される時を、楽しみにしていますね。
これからも元気いっぱいで楽しい毎日を送ってください!
Commented by cucina_amalfitana at 2009-02-10 19:17
infoitaliaさん、こんにちは!
雪の降る中、カンティーナ見学をされていらっしゃり
研究熱心ですね。わたしも、いつか北に行ってみたいです。
空気が澄んでいそうですねー♪
Commented by infoitalia at 2009-02-12 06:59
Marinaさん、こんにちは。トレンティーノ・アルトアデジェは大好きな州
で、この冬の時期だけではなく、気候のよい夏頃にも行ってみたいと
思ってます~!カンティーナ見学も大好きで、生産者の方の話を
きくとさらに愛着もわくし、地域によって特徴も違うし面白いですよね。
by infoitalia | 2009-02-04 06:32 | La visita(メーカー訪問) | Trackback | Comments(6)

通訳・コーディネートでイタリア中を飛び回ってます イタリアソムリエ協会ソムリエ/オリーブオイルソムリエ


by infoitalia