イタリアを楽しもう!

il Desco @ Lucca (Luccaの特産品展示会)

Lucca(ルッカ)にて今回が4回目になる「il Desco」
という特産品の展示会が行われています。
期間:11月15ー16日、22-23日、29-30日
12月6-7-8日、13-14日
場所:Palazzo Real Collegio

Lucca県の特産品が展示されています。
食材はワイン、チーズ、オリーブオイルなど
さらに、絵画、手工業、ジュエリー、香水、家具なども

会場の回廊には食材のスタンドが並んでいました。
c0077533_5994.jpg

ワイン:
c0077533_5183461.jpg

ペコリーノチーズ:
このようにお花のように綺麗に彫ってあるものもありました。
c0077533_5104854.jpg


又、期間中下記のようなイベントが行われています。
セミナー:
Slow Foodによる、ルッカのオリーブオイルと、
この地域の特産品(チーズ、パン)、魚、ドルチェ との相性
AIS(イタリアソムリエ協会)による 
ワイン(Sassicaia)、カクテル、ビール、シャンパンなどの試飲 
Manifattura Tabacchiによる 葉巻
ビール、ワイン、コーヒー との相性
など。

またコンサートなども開かれています。

私が行った時には、たまたまAIS(イタリアソムリエ協会)が
AIBESという協会とコラボしたカクテルのセミナーが行われていて、
早速参加してきました。
ちなみにAIBESという協会の存在を初めて知ったのですが
Associazione Italiana Barmen e Sostenitori
というイタリア・バーテンダー協会という組織とのことでした。
c0077533_512224.jpg

試飲したカクテルはこちら
c0077533_517201.jpg

●Bellini (ベッリーニ):
Asti Spumante(アスティ・スプマンテ)+Pesca(ピーチネクター)+シロップ
・Venezia(ヴェネツィア)の有名なレストランバー、
ハリーズバーの経営者Cipriani(チプリアーニ)氏が1948年に考案。

●Puccini(プッチーニ)
Nettare di Mandarino(マンダリンネクター)+Spumante Brut
(スプマンテ・ブリュット)

●Sprizer(スプリッツァー)
・Vino Bianco/Prosecco(白ワイン・プロセッコ)+
Soda(ソーダー)
白ワインをソーダーで割ったもので、ここにいろいろなバリエーションで
このようにAperol(アペロール)というオレンジリキュールや
Campari(カンパリ)を加えたりもする。
「スプリッツァー」とはドイツ語の「シュブリッツェン(はじける)」という
言葉からきている。ソーダがワインの中ではじける感じからこの名前が
ついた。

●Negroni(ネグローニ)
Gin(ジン)+Bitter Campari(カンパリ)+
Vermouth Rosso(ヴェルモット・ロッソ)
・Firenze(フィレンツェ)にCasoni(カソーニ)というレストランがあり、
ここの常連客であるカミーロ・ネグローニ伯爵がバーテンダーの
フォスコ・スカルセリ氏に作らせていたカクテル。
スカルセリ氏は、伯爵の許しを得て「ネグローネ」と命名して、
このカクテルを1962年に世間に公表した。

このNegroniの変形バージョンとしてこんなカクテルも・・
●Negroni sbagliato(ネグローニ・ズバリアート)
Spumante Brut+Bitter Campari(カンパリ)+
Vermouth Rosso(ヴェルモット・ロッソ)
・本来ならGinを入れるところですが、MilanoのBar Basso(バール・バッソ)
で、バーテンダーのMirko Stocchettoが、Spumante Brutを
入れて作ったところから、Sbagliato(ズバリアート=イタリア語で
「間違った」という意味)という名前になった。

なかなか面白いセミナーでした。

ところで、プログラムを見ていたらとっても興味深いセミナーが
他にあったのですが、それらは前の週に終わっていたり、
これからの週に行われるようです。残念~。

クリックしていただけたら嬉しいです~♪070.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
[PR]
by infoitalia | 2008-12-04 08:31 | 食材見本市 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://infoitalia.exblog.jp/tb/10258525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by がっちゃん at 2008-12-05 11:43 x
infoitaliaさまは神出鬼没なので、いつもどのへんにいらっしゃるのかしら?って思って読んでいますけれど。しばらくはトスカーナ編でしょうか。
えっと、チーズのカーヴィングすごいですねぇ~。こういうことも出来るんですね。あっいや芸術家を多く輩出するイタリア人ですもの。当たり前ですね。
前にイタリアのカクテルについてちょっと書いたんですが、イタリアのカクテルってロングカクテルが多いですね。シェーカーを使わないというか。
まぁその分アルコール度があまり高くなくていいんですけれど。
プッチーニは飲んだことがないので、今度試してみたくなりました。
Commented by ワイン at 2008-12-05 14:15 x
面白いサイト発見。
Commented by emi at 2008-12-08 07:07 x
こんばんはinfoitaliaさん がっちゃんさんもおっしゃっていますよう、今はトスカーナにいらっしゃるのですね~
さすがお酒のプロの方があつまる会だけあって、カクテルも珍しいのばかりですね どれも試してみたいです 因みに私名前一つも知りませんでした^^:
Commented by infoitalia at 2008-12-09 02:36
がっちゃんさま~。今はトスカーナにおります。笑
チーズすごく綺麗でしょ?カーヴィングと呼ぶのですね、頂きっ!
私はあまりカクテルは飲まないのですが、こうやってあらためて説明を
聞くと興味深かったですよ。しかしカクテルもカロリーが高いから
気をつけないといけないですよね。
Commented by infoitalia at 2008-12-09 02:46
emiさん、こんにちは! は~い、今トスカーナです。
カクテルもいろんな種類がありますよね、今まで特に何で作られて
いるのかとか気にしたことがなかったのですけど、説明を受けると
面白かったです。あと、フレアバーティングも見せてもらいました。
(バーテンの方がグラスやボトルやシェイカーを操りながら
パフォーマンスを交えてカクテルを作るスタイルのこと) 
飛び交うボトルをたくみに操ってカクテルを作る様はすっごく楽しかった
ですよ。
Commented by ベリタ at 2008-12-11 09:47 x
 infoitaliaさま Lucca情報ありがとうございます。今はこんなことしてるんですね^^)  
皆さんがコメントされているようにチーズのカービングが素敵。こういのって中国チックなはずなのに、チーズカービングだと洋風に見えますね。 

  Luccaは私が最初にイタリア語を学んだ所なので愛着ひとしおです。 
機会があれば是非いってみたいです
Commented by infoitalia at 2008-12-13 06:09
ベリタさま、こんにちは。Luccaでイタリア語を勉強されていたのですね。
どれくらい住んでいらしたのですか?
カービングですが、やっぱり中国ですよね~。
チーズに施されているとなんだかお洒落だなっと思いました。
<< Pescia(ペッシャ)郊外 ... ワインと料理のアッヴィナメント... >>